時代は3次元SCADAとなりました。




工場・プラント・装置など監視対象が立体なのに平面で監視するのは無理がありました。

体感下さい、3次元描画で全ては解決されます。最新の3次元デモはここから入手ください。 最新は 2010年5月31日版です。


三次元 SCADA


三次元で描くことにより、建物の影、装置の裏側を容易に表現できます。
広いプラントを空から見渡すようにみることも可能です。
あなたの目となり、現場に直行します、代わりに巡回を行ってくれるかもしれません。

画像処理で有名なシリコングラフィックス社の技術で3次元モニターを作成しております。

一度作り上げた3次元空間モデルの中をカメラが移動したり、カメラの向きを変えたり、視角を広げたりなどは容易に実現できます。

装置の下側からのぞき込んだり。


あなたなら、この3次元モニターをどの様な場所で活用しますか。

ご意見をお聞かせ下さい。  お待ちしております。

この製品について詳しくは「日本制御技術株式会社の3次元監視」に掲載しております。


ダウンロードしたデモを実行するには、ZIP解凍ツールが必要です。
デスクトップなどに解凍し、3D_DEMO.exeをダブルクリックし実行してみてください。
ZIP解凍ツールをお持ちでない方は、解凍ツールをダウンロードできるサイトよりZIP解凍に対応したツールを入手してください。

【解凍ツールをダウンロードできるサイトの例】
なお、日本制御技術株式会社は、使用される解凍ツールにおいていかなる損害が発生したとしてもその賠償責任を負いかねます。入手される解凍ツールの使用に関しては全て使用者個人の責任において行なってください。